インフォメーション

  • 錦織圭選手の腕時計スイス 時計のブランド:タグ・ホイヤー(TAG Heuer) 2016.2.15up

    こんにちは。

    錦織選手がメンフィスオープンにて大会史上初の四連覇を達成しましたね!!

    今回はその錦織選手がアンバサダー契約をしているスイスのブランド《タグホイヤー》について記事を書かせて頂きたいなと思います。

    さてさて錦織選手はジュニア時代から腕時計を付けて試合に臨んでいたそうです。

    「ちょっとした重みがないと不安になる」や「皆にびっくりされるけど、寝るときも付けている。お風呂に入るときは外すけれども

    それ以外は常につけていますね」など

    プレー中だけではなく、練習中や休暇中、食事時や寝るときでさえも時計を外さないというのですから筋金入りですね。

    そんな錦織選手の写真を検索してみると、実にさまざまな腕時計を着用しているのが分かります。

    しかし、彼は試合中に時計で時間を計ったり等はしていないようなのです。。。

    つまり錦織選手は、僕たちががファッションアクセサリーとして時計を選ぶ感覚で、試合中につける腕時計を選んでいるということになります。

    実力も申し分ないうえに、さわやかな印象、腕時計も好きというアsスリートに、ブランド側が目をつけないわけがありませんね。

    そして2012年にタグ・ホイヤーと錦織選手はアンバサダー契約を結んでいます。

    タグ・ホイヤーと契約を結ぶ際に、錦織選手が試合で着用するために選んだのは「プロフェッショナル スポーツウォッチ」という時計です。

    タグ・ホイヤーの中でも最軽量なので、着用しながら激しいスポーツができるという、まさに錦織選手のために存在するようなモデルかもしれませんね。

    最大の特徴はバックルと時計ケースが一体化していること。ケースの後ろ側を開いて着脱する仕組みなので、手首への負担が少ないそうです。

    さらにストラップは肌当たりの柔らかいシリコンラバー製になっており、衝撃に強いクオーツムーブメントを使用することで試合中の衝撃にも耐えてくれるのだと思います。

    ***********************************


    高級時計 - スイス時計 - タグ・ホイヤー(TAG Heuer)

    タグ・ホイヤーのメンズ時計&レディース時計:計時が芸術に進化する場所
    スイス時計と高級時計は共に高い品質と精度で知られ、同義語のようにとらえられています。そして、そのスイス時計の世界において、タグ・ホイヤーのタイムピースは唯一無二の存在感を放ちます。アバンギャルドなデザインと最新のテクノロジーを誇るタグ・ホイヤーのタイムピースは単なる高級時計やスポーツウォッチの枠を超えて、独自の領域を築いています。

    タグ・ホイヤーは職人の手によるクラフツマンシップに最高かつ最新のテクノロジーを融合し、革新や卓越を追求しながらも伝統を重んじるメンズ時計とレディース時計を作り上げています。決然たるモダニティと時代を超える洗練性を備えたタグ・ホイヤーの時計の魅力は圧倒的な美しさだけではありません。その自動巻時計は振動数を毎時21,600回から毎時36,000回(キャリバー360)にまで高めることによって優れた機械的精度を保証します。このような理由から、自動巻時計に搭載されたムーブメントの多くは栄誉あるスイス公式クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)からの認定を受けています。

    それゆえに、タグ・ホイヤーのクロノグラフが正確な計時という点でスイス時計の最高峰と称えられることも当然の成り行きなのです。これらの高級スポーツウォッチは世界で最も栄誉あるレースイベントの一つ、モナコ グランプリのオフィシャルタイムキーパーという重責を担っています。さらに、タグ・ホイヤーはアメリカスカップを制したオラクル・チームUSAやフォーミュラ1で高い評価を受けるコンストラクタ コンストラクター、マクラーレンとパートナーシップを結び、スピードと計時精度の完璧なマリアージュを実現しています。

    タグ・ホイヤーのタイムピースは美しさという点でも圧倒的な存在感を放ちます。各分野のエキスパートたちが手作業で仕上げる高級スイス時計は最高の素材を完璧な調和で組み合わせています。なめらかなカーフスキンや上質のアリゲーターレザー、貴重なソリッドゴールド、頑強なステンレススチールをはじめとする伝統素材から最高のものを融合するか、あるいはハイテクラバーやモダンファブリックなどの最先端かつ現代的な素材によるアクセントを加えるかにかかわらず、タグ・ホイヤーはスポーツウォッチと高級時計の境界をあえて曖昧にしています。さらに、ブラッシュ仕上げやブラック仕上げ、ルテニウム加工をはじめとする上質の仕上げは洗練と革新を備え、時計に見た目の美しさだけでなく確固たる実用性をもたらします。

    一方で、女性用時計は控えめなエレガンスを極めています。とりわけ、ダイヤモンド時計はタグ・ホイヤー カレラやモナコ、リンク、アクアレーサー、タグ・ホイヤー フォーミュラ1といったタグ・ホイヤーの名声を支える代表的な男性用時計に女性らしい輝きのアクセントを加えています。高級素材と小型のフォルムを特徴とする、スタイリッシュな女性用タイムピースは1世紀を超える歴史の中でブランドのDNAの一部となった最高のクラフツマンシップと完璧な精度の伝統を継承しています。

    タグ・ホイヤーのタイムピースは単に高級であることや優れた精度を備えているだ けでなく、スイスのクラフツマンシップにおける最高の技術を未来に向かって力強く押し上げるという重責を担っています。崇高なまでの美しさと確固たる信頼性、精巧な手作業と圧倒的なハイテク、コンテンポラリーと洗練、タグ・ホイヤーは男性用、女性用を問わず高級時計に新たな意味を与えます。
                                                   タグホイヤーHPより抜粋


    ***********************************

    普段使いにもとても最適な時計になっています。

    もし松山で時計についてご相談などございましたら、一度ご連絡ください。

    今回は錦織選手の時計について簡単ではありますが、記事を書かせていただきました。

    時々はこういった有名人や芸能人の着用時計についても記事を書いていけたらなと思います。

    さて、本日も修理専門店:《時計工房勇進堂》にてご来店お待ちしております。

  • クォーツ時計と次世代型クオーツ時計 2016.2.10up

    こんにちは。

    来週からは椿祭りが始まりますね。

    勇進堂も従業員一同で明日は商売繁盛のお参りに行きたいと思っています。

    さてさて本日はクォーツ時計と次世代型クォーツ時計について記事を書かせて頂きたいと思います。

    クオーツ時計

    安価で手ごろな物が多い上、正確無比に時を刻みつづけるクォーツ時計ですが、唯一の弱点が、電池寿命の問題です。

    クォーツ式は電池が切れてしまうと、電池を新しいものに交換しなければ動き出しません。 通常電池の寿命は2年程度です。(最近は消費電力を抑えたムーブメントを使用することにより、5年や10年もつものもあります)

    さらに 高級時計などは裏蓋を開けるのに特殊な工具が必要であったり、電池交換後に時間や曜日の設定等をするものもあります。

    毎日時計を使用している方はメーカーさんでの電池交換になれば2週間程預ける事にもなりその間時計が無く困ってしまう人もいるかもしれません。

    そう考えてみると電池交換は以外とわずらわしいかもしれませんね。

    次世代型時計

    上記のわずらわしさを解決したのが、セイコーの自動巻き発電型クォーツ時計(オートジェネレーションシステム〔AGS〕やオートクオーツとも呼ばれています)、太陽電池を使用したシチズンのエコドライブ、カシオのタフソーラーなどです。

    セイコー(AGS) シチズン(エコドライブ) カシオ(タフソーラー)

    セイコーの自動巻き発電型クオーツ時計は自動巻き式のローターによるゼンマイの巻き上げ機構を発電用に応用したものです。

    自動巻き式と同様にローターが回転すると、それが歯車を介して約100倍に増速されて、発電ローターを超高速で回します。

    この発電ローターと発電コイルとの間に電磁誘導による電気が発生します。その電気は充電ができる電池(キャパシター)に貯えられて、時計を駆動するエネルギーになります。
    ※以下充電ができる電池を二次電池と記載させて頂きます。

    発売当初の頃は、フル充電で2〜3日ぐらい稼動する程度しか充電されませんでしたが、消費電力の省力化や、二次電池の改良、不使用時の省エネモード等の採用により、フル充電で6ヶ月以上稼動するようになりました。

    太陽エネルギーを利用する(太陽の光に当てることによって電池が充電される)ことで電池交換を不要にしたのが、シチズンのエコドライブ、カシオのタフソーラーです。

    こちらは、当初アナログ式より消費電力の少ないデジタル時計で実用化されました。 一度フル充電しておけば、光が当たらなくても3〜6ヶ月くらい動き続けます。

    こちらも発売当初は、太陽電池の大きさが時計の全体の1/3から1/2を占めていました。
    しかし、電池の小型化や、透光文字盤、極細太陽電池の開発等により、太陽電池の配置をあまり気にせず、自由な時計のデザインができるようになりました。

    充電を心がけてください

    AGS、エコドライブ、タフソーラーなどの充電式に共通する注意事項があります。 それは二次電池を完全に放電してはいけない、ということです。
    いくら省エネでも、1年もほおっておかれれば、電池は完全に放電してしまいます。

    そうすると二次電池が劣化してしまい、次に充分な蓄電ができなくなります。 すると普通に使用しているにもかかわらず、1日2日放置しただけですぐに時計が止まってしまう場合があります。

    長期間使用しない場合でも、定期的に動かし、太陽に当てて充電することを心がけてください。

    クオーツ時計と次世代型クオーツ時計はどっちがいいの?

    いままで次世代型クオーツ時計の事についての記事を書かせていただきましたが、ではクオーツ時計と次世代型クオーツ時計のどちらが使用しやすいのでしょう?

    クオーツ時計は電池が無くなれば新しい物に交換しなければいけないというわずらわしさはありますが、時計の故障についての修理の際は技術のある時計屋さんにお願いすればそこで修理していただける物が多くあります。

    AGSやエコドライブ、タフソーラーの時計に関しては充電をしっかりと行っていれば、時計は動き続けますが、何か不具合が生じた場合は全てメーカーさんに送っての修理になります。

    どちらも長所・短所がありますので自分にあった時計を選ばれると良いでしょう。

    最後に

    個人的ではありますが、僕自身はクオーツ時計のほうを好きな時計とさせて頂いています。

    理由としては2年に1回電池交換にきていただく事になりますが、その度に時計の調子を点検する事ができるからです。
    (例:パッキンの交換やバンドの疲労確認 等 )

    わずらわしさがある時計にも手間を掛けてあげる良さがあるのではないでしょうか?

    これからは次世代型クオーツ時計が増えてはいきますが手間のかかる時計の良さが今一度でてくるのではないでしょうか?

    もし、何かご相談などございましたら、いつでもごそうだんください。

  • クリスマスやバレンタインでもらったプレゼントの時計のサイズにお困りではありませんか? 2016.2.5up

    おはようございます。

    まだまだ、寒い日が続きますが、勇進堂は元気に本日も営業させて頂いております!!

    さてさて本日のコラムの内容についてなのですが本日は《バンド調整》について書かせて頂きたいと思います。

    ここ最近の修理依頼の中で増えてきているのがバンドのサイズ調整です。

    お客様からの依頼内容

    ・クリスマスプレゼントに頂いた時計がサイズが大きく腕でぐるぐる回ってしまう...

    ・痩せてきて今まで丁度よかったバンドにゆとりができて動くため気になる...

    ・ボーナスがでて初めて自分で買った時計を使用したいが購入した場所にお願いしたらメーカーに送っての対応のため2週間程お渡しまでにかかってしまう...

    ・ペアウォッチを購入したが、サイズが合わない...

    等々、さまざまな理由でお客様から依頼を受けております。

    勇進堂では高級時計からカジュアルウォッチまで幅広くサイズ調整の方を行わせて頂いています。

    さて、バンドのサイズとはどのぐらいがベストなのでしょうか?

    バンドの最適のサイズ

    一番はお客様が使用されて違和感などがなく気にならない事です。

    勇進堂では金バンドに関しては腕にぴったりよりも少しだけゆとりがあるぐらいでオススメをしております。

    目安としては指が一本入るか入らないかぐらいの感覚です。

    目安としては指が一本入るか入らないかぐらいの感覚

    なぜ指が一本入るぐらいが良いかというと人の手はスポーツをした後や力を入れた際に筋肉が膨張し少し腕が太くなります。

    また、女性の場合ですと飲み会等でお酒を飲まれた場合、腕がむくんで大きくなることがあります。

    そういった場合、腕のサイズにぴったしに調整しているとベルトがきつくなってしまいます。

    ベルトがきつくなり飲み会等で途中外される方をお見かけします。。。

    時計を紛失される方の多くがそういった場合に外されてポケットに入れていたが帰ってみたら時計が無くなっていた...

    といったケースに陥りがちです。

    また、ポケットにいれたまま洗濯機に回してしまい動かなくなってしまった…

    等のケースに陥ります…

    大切な時計を壊さない失わない為にも自分にあったサイズに調整しておく事は大切です。

    バンドのバランス

    上記にてバンドのサイズについて書かせていただきましたがただただサイズが合っていれば良いものでもありません。

    時計にはバランスがあります。

    腕につけて使いやすくするためには

    平均的に6時側を短くしたり、もしくは6時12時側を同じ長さに調整します。

    ↑バランスの悪い状態のバンドです

    ↑バランスのとれたバンドです

    そうする事で時計の顔が自分の方に向いてくれる為見やすくなります!


    しかし、人それぞれ腕の太さが違うため全ての人に当てはまるわけではありません。


    バランスを見ながら調整していきますのでお気軽に当店にお持ち寄りください。

    料金と時間

    料金は
    ¥500〜
    (8割9割のものは¥500で済んでいます)

    作業時間

    10分程度


    となっております。


    大切な時計を気持ちよく使って頂くためにも


    気になり方はぜひ一度ご相談ください。